散らすナチュラル

確実な安心をお約束

まるでそれは夢のようだな

就活だな〜〜〜〜〜ヤバいな〜〜〜〜〜〜って思ってたらいつのまにか7月だった。就活?全然やってねえぜ!!

流石にヤバいので最近ようやく焦り始めたけど、やっぱりイマイチ力が入らない。それは私自身が堕落してる人間だからっていうのもあるんだろうけど、大学入って気づいた。私、写真の仕事、これっぽっちもやりたくねえと。写真の仕事っていうか、広告みたいなクライアントがいる写真の仕事だ。極端に言えば、自分の好きな写真が自由に撮れない仕事。まあそんなこと言ったらほぼ全ての写真の仕事が壊滅するんだけどな!でもマジでやりたくない。撮りたくない。何より、写真を嫌いになりたくない!義務感で写真撮りたくない!こんなこと言ったらホント、大半の人間は甘ったれてんじゃねえ!って感じで怒りそう。でも仕方ない。甘ったれてんだから。私は私でお前じゃない。一緒のものさしで考えないでくれ。

まあそれで、じゃあお前は何をするんだ?って考えた時、やっぱり私は何かの役に立つ仕事がしたいなあと思ったんだよな。親がそう言った仕事をしてるのも関係してるけど、自分が働いて、自分に給料が入って、なおかつ人の為になったり、役に立ったら本当に最高じゃないか?結局私は多分自分自身に価値を見出せないんだと思う。自分の為にやることも確かに好きだけど、軸はやっぱり他人な気がする。だからこそ、人にずっと依存して生きてきたわけだし。私は自分の為だけにはきっと生きていけないなあ。これはいいことじゃなくて、悪いことだ。人を大切にできたり、優しくできる人は、それ以前に自分を大切にして、優しくしてる人だと思うから。私の場合、その自分を大事にしたり優しくする部分が無い気がする。だから自分より他人を優先するし、だからこそ、他人に優しさを押し付けといて、そのぶん返せ!!!ってなっちゃう。自分が大切にできないから、他人に優しくしてバックを求めてる感じ。優しくされたいんだ、端的に言えばさ。寂しい人間なんだよ。

そういう人間なんだな私はって思った時に、写真の仕事なんて私には出来ないんじゃないか?って思ったんだよ。あれは極端に言えば自分を大事にしまくってる人ができる仕事だと思う。まず自分が自分を大事にしてるから、会社やクライアントに自分を否定されても「いや別に自分はこれがいいって思ってるし、仕事だから別にいいか」って考えられるんじゃないかなあ。まあこれは極論だけどさ。なんて言えばいいのかな、自分はいいって思ってるし、そんな自分を大事にしてるから誰かに何か言われてもそこまでへこたれないというか。切り替えができるって言えばいいのかな?

ただ、私にような人間はその切り替えが出来ないんだ。だって自分が自分を必要としてないんだもの・・・。そのぶん誰かに必要とされないと。確固たる「自分」を「他人」に必要とされないと死ぬんだよ。マジで。写真でいうと、「自分の写真」というブランドを必要とされてないのは私にとってマジで死を意味するわけだ。

ここで話を戻す。広告やクライアントの発生する写真は私の「自分の写真」は必要としていないと思う。あくまで、クライアントが欲しい写真。しかも、昨今写真やってるやつなんて掃いて捨てるほどいるし、私のようなテイストの写真撮ってるやつも星の数ほどいる。言ってしまえば、私じゃなくてもいいんだよ。私の写真じゃなくてもさ。私は自分が大事に出来ないからそのぶん自分の写真を病的に大事にしすぎてる。だから自分の写真が否定されるのが本当に怖い。自分の存在価値がなくなってしまう。春頃一回こういうことがあって、そのことを相談してる時江古田のカフェで友達の前で大号泣した。情緒不安定かよ。こえーよ。でも、まあ、多分そういうことなんだろう。こんなことを仕事するたびに繰り返してたらマジで仕事にならん。無理。働けない。てかクビ。

私は確かに、自分の未来を勝手に諦めている。でも、人生諦めが肝心って、結構マジな気がするんだよね。そりゃ私だってさ、写真家とかになって自分の好きな写真だけ撮って生きていきてーよ。そんですごい豪華な装丁の1万くらいの写真集出してえよ!!!でも現実的に考えたら無理じゃん。ネガティブな意味じゃないよ。でも無理じゃん。私だってそこまでバカじゃないよ。夢を見るのは、本当にリスキーなんだなってこの歳になって理解した。夢をみて今の大学に入ったけど、言葉通り夢ばかり見て現実をマジで見てなかった。現実は辛く厳しい。その通りだぜ。でも、だからこそ今までの大学生活、辛いこともあったが本当に楽しかった!今も楽しい!私は写真が大好きで諦められなくて写真のことで人前で泣くくらい本当に愛してるんだなってわかったことが嬉しかった。友達も大学入る前はマジで出来ないって思ってたけど出来た!みんないい人ばっか!ゼミの先生にも恵まれた!こんないいことってあるか?って思うくらい。いいことばっかあったように思うよ。確かにそりゃ愚痴ってばっかの日もあるけど。てか愚痴の比率の方が多い気もしてきたけど。でも家に帰って思い出すのはいいことばかりだ。大学入ってよかったなあ。大学の人たちに出会えてよかったなあ。

話がクソほど脱線してしまった。就活ね。就活ですよ。私はやっぱりうだうだ上記で説明したように、写真関係の仕事にはつかないと思う。てか、今現在目指すのはきっぱりやめました。いやいや写真関係の就活しようとしてる時点でやる気ないなって思ったから。こんな半端な気持ちで入っても使えないだろうし、多分私自身のメンタルも死ぬ。まあでもこんなこと言っといて、大学でいい感じの求人きたらそっちに行く可能性もあるけど、今のところ無に近いな・・・。私はやっぱり人の役に立つ仕事がしたいです。人のためになる仕事。それでお金もらいたい。別に感謝されなくてもいいけど、私の軸はどうしたって他人だから。他人に喜んでもらえる仕事がいい。まあそれも夢みたいな話だってわかってるけどさ。ここでは明記しないけど一応職種も決めてます。ただなれるかどうかはわからないけどね。でもまあ、ほんとここ4月から今まで、マジで抜け殻みたいな生活だったから、今からマジで頑張るのはいいことなのかなあと勝手に思ってます。

頑張りすぎたら死ぬから、ほどほどに頑張ろうかなと思います。無謀な夢なのかもしれないけど、親がやってみなよって言ってくれて、友達もいいじゃん!って言ってくれたことが、ここ一番の励ましであり、希望です。私の夢なんてほんと、人に話したら笑われそうな夢なのに笑わずにいいねって言ってくれる人が周りにいてくれることが、救いだなあって思いました。


とりあえず、頑張ります。頑張れ自分!って感じ。やるぞ〜〜〜!!

選択肢は幾通りも

詩を書かなくなってしばらく経つ。昔がこの曲いい!って思ったら即詩を書いていたのだが、この曲いい!ってなるのも最近なくて全然書かなくなってしまった。

心が固まっていってるのかもしれない。そう思うけど多分違う。今の私の比重が写真に振り切っているんだ。多分いいこと。でも少し寂しい。

良い音楽は最高だ。心が動く。生きていると思える。美しい世界が目の前にたやすく広がる。

世界は美しいってずっと思ってたけど、最近はすごく、より強く実感している。見ている全てが美しくて、ひどく尊い。心が動くことにいつだって感動している。それこそ、たやすく涙が出そうなくらいに。

私は、美しい感情にしてくれるものがとても愛しい。それは音楽だったりドラマだったりアニメだったり映画だったり小説だったり漫画だったり。見ていてひどく心を揺さぶられたい。心を揺さぶられることこそが、人にとっての一番の喜びなんじゃないかと私は考えている。心を動かされるから、誰かを好きになったり、焦がれたりするんじゃないか?人間関係は、心を揺さぶるものの典型だと思う。それをうまく投影しているのが創作物なんじゃないかなあと思う。

私は孤独だった時間が多かったから、それらに本当に救われてきた。人に接せずとも、心をひどく揺さぶられるもの。私もそんなものを作ってみたい。私もそうやって、私と同じような人間を救いたい。

写真でそんなことができるのかはわからない。でも、やってみないとわかんないし、なんとなくでも出来るって思ってたら出来るんじゃないかなあなんて思うんだよ。

ほんと、笑っちゃうようなことなんだけど、この世界はきっとずっと自分次第なんだろうから。だから信じてみるよ。受け入れてみるよ。こんな大層なことを考えている自分を。自分の叶えたい夢を。

にっき

最近YouTubeにめっちゃハマってる。最初はサンドウィッチマンのコント見るために見てたんだけど、今はヒカキンとふくれなとよききをめっちゃ見てる・・・。


ヒカキンは言わずもがな、有名だしどんなもんなんだろ?って思って見たけどあれはすげえ。娯楽としてちゃんと成り立っているというか。毎回毎回面白いし、ヒカキン自身が私たち一般人に近いのもいいなあと思った。個人的には鼻の角栓取るパックを顔全体に貼ってるやつめっちゃ良かった。私もあれやりたい。あと一日で沖縄から北海道行くやつ。ヒカキンの人柄が出てて良かったなあ。そして本職?のヒューマンビートボックスの動画も良かった!アリアナグランデとコラボしてるの良かったなー。何というか、ちゃんとした自分のやりたいことが確立されてるからこそ、ああやってユーチューバーになれるんだなあと思った。


【閲覧注意】毛穴スッキリパック20枚で顔面一気にスッキリしてみた!【真似しないでね】


Ariana Grande - Break Free ft. HIKAKIN



ふくれなは美容系ユーチューバー巡りしてたらたまたま見つけた。百均フルメイクの動画かな。それで関西弁喋ってる女の子めっちゃ良いな!って思って他の動画も見たらすごい面白くてハマった。何というか、普通にめっちゃこの子自体が面白い子で見てて本当に飽きない。飾らないところもすごい好きだなあ。でもドッキリ系は見てないからその辺はわからないが・・・笑。化粧の動画が個人的にはかなり好き。
それで、見始めた時にたまたますっぴんを公開してる動画を出してて、その動画のこのくらい詐欺れます!って胸張って言ってるのがすごい良かった!何より、最初見たときはこの子普通に土台かわいい子だから、そりゃ化粧映えするわな!って思ってたから、このかわいい顔が努力で出来たものなんだなあと思ったら素直に感心したし尊敬した。女の子ってのは本当にすげえなあと。この子の喋りとこの裏表のない感じ本当に良いのでおすすめ。女の子ユーチューバーの中では今一番好きだ。そして化粧の仕方がわかりやすい。動画の画質も良いし編集のセンスも良い。でもやはり一番この子の何が好きかって、最初の挨拶よ!こんにち〜〜〜わんわん!クソ可愛いなおい!最高!


今まで隠してきた私のすっぴんを見せます。


【激変】ふくれな流詐欺メイク‼︎‼︎‼︎ブスからの進化✨

 


そして最後によきき。この人はマジで最近ハマった。もともとこの人の写真だけはツイッターで回ってきたから知ってたんだけど、YouTubeやってるのは知らなかった。何かの関連動画に出てきて、見たらめっちゃトーク面白くてハマってしまった。
見た目があの感じ(ジェンダーレスな感じ)なので、てっきり喋り方も弱々しい女の子っぽい感じなのかな?って思ってたけど全然そんな感じじゃなかったwww
結構しっかり喋るし、でも日本語に弱い訳でもなく、何というか、噛み方とかが普通に面白い。すっぴんブスって言ってるけど、ここまで普段メイクしてる人がこんなにすっぴんをネタにできる姿勢も素直にすごいわと思った。
そして一番何が好きかって、動画編集のセンスね。普通にこの人面白い人なんだと思うわ。普通の人がやったら結構寒いことやってたり言ってたりするけど、なんか不思議とこの人がやると寒くないんだよなあ。何でなんだろう。そこも謎に面白いわwww
あと、面白いというかこの人の動画見て新鮮だなあと思ったのは、美容系の動画は私が今まで女性のユーチューバーの動画しか見てなかったから、男性の美容系動画は新鮮だった。そんでこの人、こんなに見た目に気を使ってるのに、案外化粧品に対して無頓着でそこも面白いしかわいい。おお、そこらへん男やな!みたいな感じね。
とりあえずめっちゃ面白い。もう、ほんと、それだけしか言えねえ。
このスノーのやつ久々に腹抱えて笑ったので気になった人見て欲しい。


SNOWの恐ろしさを伝えたい

 


第1回 よききチャレンジ


動画見まくってると、化粧濃いな!ってやっぱり思うんだけど、他の人とやってたコラボ動画見たら、普通にジャニーズっぽい美少年で笑った。引きで見るとあのメイク本当に可愛いんだね。その可愛いやつも見てくれ。


【今最強にモテる!!】病み整形メイクでどんなブスでもイケメンに!!【よききコラボ】



とまあこんな感じで最近YouTubeに今更ハマってます。暇つぶしに最高。そしてYouTube関係ないけど、青エクにもクソ今更ハマってます。みんなもっと青エク書いてくれ。京都不浄王編のアニメ最高だった。でも最初のアニエクも好きです!最初の監督好きやねん!

最終的に何が言いたいかというと、YouTubeでも青エクでもいいので、趣味の話を誰かと話したい!!!!!!!ので頼む!!!!!!みんな見て!!!!!!!!!そして私と話してください!!!!!!!!!以上です!!!!!!!!!!!!!!!


〜なんの生産性のない日記終わり〜

流星

f:id:konosekaino:20170613030942j:plain

 

すぐ頭上を飛行機が通り過ぎてった。よくある平凡な一日の一コマ。なんてことはない。轟音と共にすぐに小さな影になっていく。一瞬で意識をかっさらっていくくせに、すぐにどこかに消えてしまう。いいな、ずるいな。なんて思う。
 

平凡な私には何もない。何もないが美しい日々とやらは続いていく。周りの人たちみたいに幸せになれたらなあなんて思うけど、そう思ってる時点で難しいのかもしれないなあ。多分私には圧倒的に努力が足りてないんだと思う。努力しなくてもいい生ぬるい日常が心地よすぎて、今更抜け出せない。優しい世界が好きだ。でもそれは私を殺す。生きる理由を失わせる。でも、確かに今の私には、生きる理由なんて、本当にないんだよ。

「お前は寂しいやつなんだよ」

いつか目の前の男に言われた言葉だ。やたらと美しい顔をした男は何でもないようなことのようにそう言った。事実、この男にとってそれは本当に何でもないようなことなのだと思う。だって、他人事だし。まさしく他人事。極端な話、私がすぐに死んでも、生きててもどうだっていいのだろう。でも、それなのに、この男は私の本質を、私の本音を本当に笑ってしまうくらい簡単に見抜いてしまった。

「お前が言った通りだったよ」

今日は五月なのにやたらと暑い。この調子だと夏が本格的に訪れたらどうなってしまうんだろう。外に出ただけで蒸し焼きにされてしまいそうだ。

「何の話だ」

「私は寂しいやつって話」

こんなに暑いのに目の前の男は汗ひとつかいていないように見える。雰囲気そのものが同じ人間ではないようにすら見えるのだから、美形は得だと思う。

「そういえばそんなこと言ったかもな」

男は、飛んで行った飛行機の行先を眺めている。冴えない私も、それに習って夏の雲になってきた空を見上げてみる。ああ、なんと美しいことだろう、この世界は。唐突にそう思う。いや、本当はいつもそう思ってるのかもしれない。でも意識してないだけで。私の世界は簡単に私を突き放す。それでも美しいのだ。目の前の視界全てが。頬に触れる風が。うだるような、この暑さが。

「綺麗だなあ」

何となく口からでた言葉。男は怪訝そうな顔をして、何が、と言った。

「世界が」
「何だそりゃ」
「私にもわからんよ」
「わかんねーのかよ」
「うん」
「意味わかんねえな、お前」

お前に言われたくねーよ。そう思ったけど口にはせず。目の前の男は今も涼しげな顔。初夏の青と白い雲。気がついたらもう夏が来るのかと思うと、本当に時の流れの速さというものを実感させられる。もう成人したけれど、多分私の心は今も子供のままだ。大人になんて、いつになったらなれるのだろう。何年経っても私は大人になれない気がしている。子供のまま、心は時が止まってしまった。どれだけ手を伸ばしたって周りのみんなに追いつけない、追いすがれない。それはもちろん、この男にも。

「あっちー」
「今更か?」

目の前の男は小馬鹿にしたように私を見る。それが、なぜだかひどく美しく見えて、私は笑った。

「そ、今更ね」

頭上で飛行機の唸り声が聞こえる。もう別の飛行機がきたんだ。ゴオオオ、と鳴る地響きのような音の向こう側で、確かに今、この瞬間、私とあいつは生きていた。今はきっと、それだけで。それだけでいいと思えた。

 

  

 

もう戻れないぜなんて

友達ってすごいなーと最近思う。

 

今まで私は人との距離の測り方がよく分からなくて期待してはがっかりしてを繰り返していた。まー普通にアホだった。自分のことばかりが大切で人のことを考えていたようで全く考えてなかったみたいだ。

 

私は人に依存して生きていた。居場所がないって思っていたからだ。まあ、今でも本当に居場所があるのかは分からん。でも別に居場所なんて無くたって生きてはいけるからそこまで居場所に固執しなくてもいいのかなーと。

 

最近になって、本当にマイナス思考って無駄の塊なんだなと痛感した。マイナス思考してる暇あったらプラスに、バカでも無謀でも信じてたほうがずっといいし、建設的。マイナス思考ってのは結局可哀想な自分に酔ってるだけなのね、誰かに助けて!って思ってるだけというか。もうその時点で甘ったれてるんですよ。甘ったれてたわ。ほんと。

 

もうすぐ生きてきて23年になる。その23年で学んだのは、自分を救えるのは他人なんかじゃなくて自分しかいないってこと。他人は多分隣にはいてくれるけど本当の意味で全部やってくれるわけじゃない。まーそんなん当たり前だろ!って話なんですけど、その当たり前に気づくのに23年もかかっちゃったよ。要領悪いね。でもそんな自分も最近好きだなーと思ったんだよ。バカで要領悪くてどんくさい。確かにそうなんだけど、だからこそ、そう分かってるならどんくさいなりに生きればいいのか?と思った。どんくさい奴が努力したところで俊敏で要領の良い奴になるのはマジで無理。遺伝子レベルで無理。なれる!って思ってる人は多分どっかで無理してる。器用じゃない奴は器用には生きれんよ。別にネガティブじゃないよ。なんていうのかな、適切な諦めというか。

 

今まで無謀なことばかり目指してたし考えてた。別にそれは間違ってなかったけど、私を確かに疲れさせてた。私は多分無理してた。だから生きるのがしんどかった。何のために生きてんのかもわかんなかったし周りの人間全てが妬ましかった。

 

でもなんか先日書いたように、今の自分の写真と心中する、って思ったら一気に肩の力が抜けた。私は私にしかなれないんだなーと、ようやく気づいた。本当は奥山由之とか志賀理江子とかになりたかったけど、残念ながら(?)私は私でしかないんだよな。でも私は私しかいないんだよな。だれでもないのは面白いかも。

 

そんな風に考えるようになってから、人と自分はいかに違う存在かようやく理解できた。

理解できたからこそ、冒頭に戻る。友達ってすごいなと思ったんだよ。友達と付かず離れずの距離でたまに会って話してご飯を食べて少しお酒を飲んで、それだけのことでこんなに楽しいのか、むしろこんなに楽しいことがあるのか、と最近は毎日思ってます。

 

友達が好きです。たまに妬ましかったり羨ましいと思うこともあるけれど、きっとそれも普通の感情なんだと思う。全部受け入れたい。私は私を受け入れて生きたい。そしたらもっと生きるのが楽しくなるだろうなー。どうせ生きてるなら楽しくしたいなーと思いました。まだ就職決まってないけどな!まあなんとかなると信じて今日は生きて行きます。